季節のイベントとおでかけスポット情報

季節のイベントとおでかけスポットのスケジュールや混雑状況などの情報ブログです。

お伊勢さん菓子博2017のGWや土日の混雑状況や白い赤福とは?

三重県で開催されるお伊勢さん菓子博2017の混雑状況や出店するお店や菓子博限定の白い赤福の情報を調べました。

 

お伊勢さん菓子博2017の見どころ

全国から2500の和菓子が大集合!他にも芸術品のような174点の工芸菓子展に、お菓子で作った浮世絵師 歌川広重作「伊勢参宮 宮川の渡し」のジオラマなど見どころ(食べどころ?)が満載です!

地元高校生・専門学校生の作ったスイーツや菓子博限定スイーツなど挙げればきりがありません。どれを食べればいいのか迷うこと間違いなしです!

お伊勢さん菓子博2017の日程や場所

開催期間:2017年4月21日(金)~5月14日(日)
開場時間:10時00分〜18時00分(ただし、最終日は17時まで)
会場:三重県営サンアリーナ及びその周辺

入場料

大人2000円(閉幕時65歳以上1600円)

中高生1400円

小学生800円

出店する店舗を都道府県別にチェック

「伊勢参宮 宮川の渡し」のお菓子のジオラマ

もち米や砂糖など約3300キロを使い10万輪の花が咲く桜並木や伊勢神宮の鳥居などを再現。展示終了後どうなるんでしょうね?捨てるのはもったいないですね。

 

飲食ブース「おかげ茶屋」の人気メニューは白い赤福!?

一番の人気は赤福の会場限定商品「赤福餅 祝盆(いわいぼん)」。これが話題を呼んでいる白い「赤福」です。博覧会限定で、こしあんの代わりに白あんを使った和菓子です。白赤福と通常の赤福餅と2個セットで価格は210円!お茶かコーヒーを選べるようになっています。

 

内覧会で食べた記者さんによるとムースのような柔らかい口当たりが広がり、甘さは控えめ、洋菓子のような風味を感じたとのことです。会場に行くならば試したいメニューの一つですね。

 

次に注目なのは「しんかパフェ」。材料に赤福の餅、両口屋是清)のラスク、つちやのわらび餅、神戸風月堂のゴーフル、俵屋吉富、の和菓子・雲龍、花園万頭の甘納豆を使っているのが特徴です。

 

他にも博覧会限定メニューがあるのでどれを食べようか迷いますね。

お伊勢さん菓子博2017の混雑が予想される道路

4月29日(土曜日) 9:00~17:00 三重県道37号鳥羽松阪線 朝熊IC付近

4月30日(日曜日) 9:00~17:00 三重県道37号鳥羽松阪線 朝熊IC付近

5月3日 (水)~7日 (日) 9:00~17:00 三重県道37号鳥羽松阪線 朝熊IC付近

 

ゴールデンウィーク期間中は5月1日、2日を除いて朝から夕方まで渋滞が発生するとの予想です。いずれも渋滞はピーク時は3.0kmが予想されます。

 

 

公式サイトで混雑状況をチェック

会場施設の混雑状況と駐車場の混雑状況を公式サイトでリアルタイムに知ることができます。

混雑状況が表示される施設は以下の通りです。

お菓子のテーマ館全国お菓子であい館
お菓子の匠工芸館
お菓子にぎわい夢横丁
三重おいない館

混雑状況が表示される駐車場は以下の通りです。

C駐車場
メガソーラー駐車場
伊勢あさま苑横駐車場
二見JCT西・東駐車場
光の街駐車場
松尾工業団地駐車場