季節のイベントとおでかけスポット情報

季節のイベントとおでかけスポットのスケジュールや混雑状況などの情報ブログです。

祇園祭の宵山の楽しみ方と歩行者天国の時間と露店の情報について

スポンサーリンク

2017年の祇園祭の宵山の楽しみ方と歩行者天国の時間と露店について調べました。

宵山とは?

宵山とは山鉾巡行の前夜祭で祇園祭の中で多くの人でにぎわいます。歩行者天国は7月15日と16日のみです。

祇園祭宵山行事期間中の交通規制と露店と歩行者天国の情報

京都府警からのお知らせは以下のとおりです。

「前祭宵山行事(7月14日)」と「後祭宵山行事(7月21日から23日)」には四条通及び烏丸通の歩行者用道路規制露店の出店はありません

 

7月15日と16日のみ(18時~23時の間)、四条通及び烏丸通の歩行者用道路規制を行います。歩行者用道路となる時間帯、歩行者の方は四条通の左側通行室町通・新町通等は一方通行にご協力をお願いします。

祇園祭り2017の日程

吉符入 7月1日~

神事始めの意味で各山鉾町において、町内関係者が本年の祇園祭に関する諸事打合せをする。


くじ取式 7月2日

山鉾巡行の順番をくじによってきめる式。


お迎え提灯 7月10日

午後4時半頃から神輿を迎えるため、趣向をこらした各種の提灯をもって行列する。


神輿洗 7月10日 午後8時頃

神輿3基のうち中御座の神輿をかつぎだし、四条大橋まで運び、鴨川の水で洗い清める。


前祭 鉾建て 7月10日~11日


前祭 山建て 7月11日~14日

各町では巡行の山鉾が収蔵庫から出されて組立てられる。 鉾の組立ては伝統の手法で行い3日間を要する。


長刀鉾稚児社参 7月13日

長刀鉾にのる稚児が、午前11時八坂神社へまいり五位の位をもらう。


前祭(さきまつり)宵山 7月14日~7月16日

各山鉾では、夜は提灯が幾十となく点火され、祇園囃子がにぎやかに奏でられる。(四条通・烏丸通の歩行者天国は15日・16日のみの予定)


山鉾巡行・前祭(さきまつり)巡行 7月17日 午前9時

四条烏丸出発。23基の山鉾。

四条烏丸 (午前9時00分) →四条河原町(9:35) → 河原町御池 (10:20) → 新町御池(11:20)


神幸祭 7月17日

3基の神輿が午後4時頃から氏子町内を巡行して、四条御旅所にとどまる。


後祭 山鉾建て 7月18日~7月21日

後祭の山鉾10基の組み立てが行われる。


後祭(あとまつり)宵山 7月21日~7月23日

山鉾の建てられている町内は車両通行止めとなりますが、四条通等の歩行者天国はありません。露店の出店はない予定です。


山鉾巡行・後祭(あとまつり)巡行 7月24日

午前9時30分 烏丸御池出発。10基の山鉾。
烏丸御池 (午前9時30分) →河原町御池(10:00) → 四条河原町(10:40) → 四条烏丸(11:20)


花傘巡行 7月24日

後祭の山鉾巡行が17日の前祭の山鉾巡行に合同した約50年前に、 山鉾の古い形態を再現するねらいではじめられたもので京都花街のきれいどころの踊、鷺舞、六斎念仏、子供神輿、祇園ばやし、稚児など総勢千人の行列がつづく。
八坂神社(午前10時00分) →四条寺町 → 寺町御池(10:50) → 河原町御池 → 四条河原町→ 八坂神社(12:00)


還幸祭 7月24日

3基の神輿が午後5時頃四条の御旅所を出て、氏子町内をまわり午後10時頃神社へかえる。


神輿洗 7月28日

10日の神輿洗と同様、四条鴨川で洗いきよめ、午後8時頃神社へかえる。

 

歩行者天国

宵山の期間は四条通、烏丸通り一帯が歩行者天国になります。たくさんの屋台が並び賑わいます。夕暮れになると「コンチキチン」の鉦が鳴り、各山鉾の町会所ではうちわなどが販売されます。人混みを避けるなら夜9時以降がおすすめです。

 

御朱印やグッズ

各会所では山鉾にちなんださまざまなグッズが販売されます。宵山期間中は御朱印巡りをするのも良いでしょう。東京ハンズ京都点で御朱印帳が販売されます。

 

祇園祭限定グルメ

膳處漢ぽっちりのしみだれ豚まんはリピーターがつくほどの人気商品です。販売期間 は7/13~7/16です。また鉾に見立てたトゥレ・ドゥーのアイスパフェもおすすめです。販売期間は7/1~7/31です。

 

八坂神社の伝統行事

祇園祭の期間中にいろいろな神事や行事が行われます。八坂神社の石見神楽(16日
午後6時30分)や鷺踊り(16日午後5時30分)が有名です。


八坂神社:京都市東山区祇園町北側625番地
アクセス:206系統市バス「祇園」下車すぐ